【2017年版】絵の仕事に繋げられる!実践していきたいイラストレーターの営業方法

イラストレーター営業法
スポンサードリンク

社畜アートディレクターksd(@ksd_illust)です。

フリーランスや副業で活動するイラストレーターが仕事を受注するための営業方法をまとめました。

現段階で僕が実行・検証中の営業方法です。でも方向性は多分間違ってないはず。。参考程度にどうぞ

まず、ポートフォリオサイトをつくる

無名のイラストレーターが仕事を貰うには、ポートフォリオサイトは必須です!名刺代わりにもなるので、必ず用意してください。

得意なイラストやこれまでの実積などを掲載して、とことんアピールをしましょう。

ライバルに差をつけるサイトをつくろう

星の数ほどいるイラストレーターの中から選ばれるためには、差別化されたサイト構築が必要となります。

現段階で僕もまだ実験中なのですが、仕事が依頼される(であろう)ポートフォリオサイトの作り方をここで提案してみたいと思います。

独自ドメインである

ドメインとはサイトの住所です。あなたのオリジナルのドメインを取得することで、後々サイトとして評価され、検索に引っ掛かりやすくなります。

ブログを更新する

特にあなたがやりたい仕事についてのブログ記事をたくさん書きましょう。

クライアントが検索をかけたときに最初のページにあなたのサイトを表示させることができるようになるかもしれません。

そうすれば、仕事の受注成約率を高められます。

今当サイトでは記事のストックを増やしている状態です。

イラスト(商品化サンプル)はトップページですぐ見られるように

パッと見で、描ける絵や提供できるサービスがわかるような配置が理想的でしょう。1回ならまだしも2回クリックしないと作品までたどり着けないような構成は良くないかも。。

これに関しては今まだ勉強中です。。

とにかく、検索にひっかかりやすく、見易いサイト作りを目指しましょう。

ポートフォリオサイトが用意できたら早速営業です!

 

ポートフォリオサイトの構成を考える!参考になる凄いサイト8個紹介

↑コチラに参考にしたいポートフォリオサイトをまとめました

 

待ち(仕掛け)の営業

営業方法を二種類に分類します。まずは、待ち(仕掛け)の営業です。

仕掛けを用意しておけば、待っていても仕事の依頼が掛かってくる、釣りの仕掛けのようなイメージの営業方法です。

待ちの営業スタイルになるので積極性には欠けますが、放置でも受注が見込めるので、早めに準備しておきましょう。

SNSに登録&発信

各SNSに自分のイラストレーターアカウントを作りましょう。

ポートフォリオサイト内のブログを更新したら通知されるように設定し、あとはひたすらフォロワーを増やします。

あなたが書いた記事がたまたま誰かに刺さって拡散され、ネット上で広く名を知らしめることができるかもしれません。

イラスト依頼系ソーシャルサービスに登録

スキマSkillotsに登録しましょう。こういったサイトでイラストレーターを探すクライアントも多いので、登録して作品を公開しておくと、ふいに仕事が舞い込んでくるかもしれません。

スキル・グッズ販売系サイトに登録

ココナラランサーズに登録してスキル販売、BASEに登録してオリジナルのネットショップを持ちましょう。こういったWEBサービスが窓口となって、仕事に繋がることもあります。

攻めの営業

仕掛けが整ったら攻めの営業に転じましょう。より直接的に受注に繋がる営業です。

メール営業・持込み

自分の絵に合うテイストの媒体を運営している企業、団体、または個人にメールを送ります。

  • 相手方のメディアに興味があること
  • 自分がイラストレーターであること
  • 仕事を求めていること

を簡潔に伝え、ポートフォリオサイトへ誘導しましょう。先方があなたの絵を気に入ってくれれば、そのまま仕事に結びつく可能性もあります。

直接持ち込みに行く場合も、アポなしで行くのではなく、必ず事前にメールで担当者に確認をとりましょう。

僕が今働いている会社にも時々フリーのイラストレーターさんやデザイナーさんから営業メールが来ます。僕は一応全部見てますし、ちょっと気になった人であればSNSなどで検索してどういう活動をしてるのか調べてみたりします。

うちの会社が小さいからってのもあるかもしれませんが、ちゃんと見てくれる人は見てくれるよって話です。

クラウドソーシングで案件に応募

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録して、募集されている案件に応募しましょう。

ランサーズでイラストレーターが稼ぐための具体的アドバイス5個

2017.03.22

そこで信頼を得ることができれば、直接依頼してくれるクライアントもでてきます。

コンクールに応募

絵のコンクールに応募しましょう。受賞や入選したら、ポートフォリオサイトに記載して箔をつけます。

露出が増えることで必然的に依頼されることが多くなります。

まだ僕も調査中ですが海外のイラストコンクールは簡単に応募できるものが多く(メアド登録のみとか)入選すれば結構おいしいものが多いらしいです。ちょっと調べてみたいと思います。詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい><

まとめ

現段階で僕自身まだ実行・検証中のものが多く情報としては未熟かもしれませんが、間違ってはいないと思います。

いずれ、成功体験も交えてここの情報をアップデートしていきますね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です