現役絵描きの僕がIllustratorとPhotoshopで使うショートカットはこれだけ

ショートカットキー
スポンサードリンク

社畜アートディレクターksd(@ksd_illust)です。

絵を描く仕事をする上で、今の時代デジタルツールは必須です。その中でもadobeのIllustratorとPhotoshopは2Dイラストやデザインを作る時に使いまくります。

でも、実を言うとこれらのソフトウェアを使う時に活用するショートカットや機能はほんの少しだけです。

いろんな機能がありすぎて混乱しちゃうんだよね

とお悩みの方のために、僕がよく使う機能とショートカットをご紹介したいと思います。

正直、ここに書いたものだけを使いこなせれば普通にイラストやデザインの仕事はできちゃうはずです。実際僕がそうですから。

僕はwindowsのPCを使いますので、ショートカットはwindows表記ですが、Macの場合はCtrl→コマンドキー、Alt→optionキーとなります。

基本編

基本的にどのソフトウェアでも共通して使うショートカットです。

Ctrl+c:コピー

Ctrl+x:カット

Ctrl+v:ペースト

Ctrl+z:やり直し

Ctrl+Alt+z:一段階戻る

Ctrl+s:保存(セーブ)

Shift+Ctrl+s:別名で保存

Illustrator編

Illustratorは

  • キャラクターや背景などイラスト制作(アニメーション用も!)
  • ロゴ制作
  • マンガ制作

などを作るときに使います。そして主に使うのは以下のショートカットと機能です。

v:選択ツール

イラレを使う上で必ず使う矢印ツールです。主にオブジェクトの選択&移動に使用します。

a:ダイレクト選択ツール

これも超使います。アンカーポイントを選択してオブジェクトの形を調整します。

Alt+v  Alt+a:複製

選択したオブジェクトを複製する。Shift押しながらだと直線的に移動できるのでこれも結構使う。

Alt+↓:複製

オブジェクトを全く同じ位置に複製したい場合Alt+↓を押して複製して↑を押して位置を合わせる。他にやり方ありそうだけど、これに慣れてしまってるので結構使う。

p:ペンツール

イラレで描画する時は基本的にペンツールで描きます。

Alt+p:アンカーポイントツール

アンカーポイントをびよーんと伸ばせます。ペンツールで描きながらAltを押して切り替えて使います。

o:リフレクトツール

オブジェクトを反転させる際に使います。

t:文字ツール

文字を書く時に。

space押しながら左クリック:ハンドツール

カンバスの移動に。


もちろん他の機能やツールも使いますけどショートカット使うほど頻回に使うのはこれくらいかも。

他のツールとかはショートカット覚えてなかったりするので普通にクリックして切り替えて使います。

Photoshop編

photoshopでは

  • イラスト制作(下絵から線画、塗りまで)
  • バナーの制作
  • マンガ制作
  • 画像加工、レタッチなど

という用途で使います。主に使うのは以下のショートカットと機能です。

b:ブラシツール

絵を描く時に使用。ブラシの種類などは手動で選択します。

ブラシツール選択中にAltまたはi:スポイトツール

描いてる所の色を抽出したいときはAlt押すだけでスポイトできるので便利。

e:消しゴムツール

消しゴム使う時に。

v:移動ツール

レイヤーの移動に。

l:投げ縄ツール

ラフ描いてるときなんかの微調整に結構使う。

s:スタンプツール

レタッチの時に使う。

j:修復ブラシツール

レタッチの時に使う。

space押しながら左クリック:ハンドツール

カンバスの移動に。

Ctrl+e:下のレイヤーと結合

選択中のレイヤーと一段下のレイヤーを結合する。

Ctrl+a:全選択

Shift+Ctrl+i:選択範囲の反転

Ctrl+d:選択解除

Altを押した後iを2回押す:画像解像度の変更

Altを押した後i , s と続けて推す:カンバスサイズの変更


とりあえず思いつくのはこんな感じ。抜けがあれば随時補完します。

フォトショもショートカットせずに使う機能そこそこあります。でもよく使うのはこの辺ですね。

まとめ

正直、僕はソフトウェアの機能をあまり使わないタイプだと思います。最新機能でチャチャっとできてしまうことでも、慣れ親しんだやり方で2、3手間かけてやったりしてしまいます。

仕事の内容や、その人の性格によって使う機能やショートカットは全然違うと思います。自分に合った使い方が定まってくると制作スピードが上がってくるので色々試してみてください。

大切なのは機能に縛られないことです。便利なソフトであるがゆえに、その機能に捉われて、本来自分が表現したいものが描けなくなっては本末転倒ですよ。

ちなみに、過去に働いていた会社の先輩イラストレーターの方は作業がメチャ早いし仕事も丁寧でしたが、一切ショートカットを使わない人でした。彼にとってはそのやり方がベストなんだと思います。(さすがに一切使わないのはどうかと思いますが。。)

▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です