イラストレーターのnote活用術!営業・収益化するアイデア6選!

イラストレーターのnote活用術
スポンサードリンク

最近流行のnoteというサイトをご存知ですか?

noteノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

数多くのクリエイターさんが活用しています。

出版社と提携して、note内に投稿されている作品を書籍化したり、プロデュースする動きもあって盛り上がってます!

ここではそんなnoteをイラストレーターが活用するための方法を提案していきたいと思います。

うまく活用できれば露出を増やして仕事の獲得に繋がったり、作品自体を自分で収益化することもできますよ!

 

ざっくりnoteの概要

実際にアカウントを作っていじってみると何となくわかるかとは思いますが、noteで何ができるのかざっくり書いてみます。

ノートを投稿できる

アカウントを作るとノートを投稿できるようになります。ノートには以下の5種類があります。

  • テキスト:文章の投稿(画像や動画の掲載も可。ブログ記事のようなもの)
  • 画像:画像をメインに投稿(注釈など文章を掲載することもできる)
  • つぶやき:140字以内のテキストを投稿(Twitterみたいな感じ)
  • 音声:音声データを投稿(楽曲やラジオ配信などもできる)
  • 動画:動画データを投稿(YouTUBEの動画のリンクでも貼れる)

この5種類のコンテンツを自由に投稿できます。

で、これらを無料で掲載するか、有料販売するかも選択できます。

有料販売の場合、値段は自分で決められます。また、ここまで無料でここから有料!みたいな売り方もできます。

よくあるのは、ノウハウ情報などを冒頭部分のみ無料にして、本文を有料にするやり方ですね。

マンガなども最初の数ページだけ、もしくは1話のみ無料で、それ以降は有料みたいにして販売されてます。

 

マガジンを作れる

マガジンとはブログなどにおけるカテゴリーのようなものです。

投稿したノートはテーマごとにマガジン化して束ねることが可能です。

例えばマンガ連載する場合、1ノートに1話ごと投稿したものをマガジンでまとめることができます。

イラストのテイストごとにマガジンを作ればギャラリーとして見やすく整理できますね。

そしてマガジンも無料・有料が選べますし、値段も自由に設定できます。

1話あたりノートで50円で販売していた全10話のマンガを、マガジンで450円で販売することだって可能です。

 

定期購読販売もできる

noteプレミアム(月額500円)に登録するとマガジンの定期購読販売もできるようになります。

例えばマンガを月1話連載する場合、1話あたりの単品ノートを100円で販売し、そのマンガの全話が読めるマガジンを月額500円で販売してみたり。。

ファンがついている限り毎月500円 ×  購入者数が入ってくるのは嬉しいですよね。

購入者が増えてそこそこの金額が毎月振りこまれるようになれば、そのマンガを連載し続けていくだけで食べていけるようになるかも!

 


といった感じ。機能的にはもっとあるけど基本はこれを抑えておけばOKでしょう。

では、これらの機能を踏まえてイラストレーターがnoteをどう活用していけるかを考えていきましょう。

 

イラストをギャラリー化する

冒頭でも触れましたが、同じテイストでマガジン化してまとめることでギャラリーとしてイラストを整理できます。

このテイストは閲覧するのに有料化したい!ということであれば自分で設定した値段で販売することも可能です。

 

連載作品を発表する

絵本やマンガ作品なども発表しやすい媒体です。

1話無料、以降は有料みたいな売り方もできますし、有料定期購読にして月額販売もできますね。

出版社も注目しているサービスなので、うまくいけば書籍化の声がかかるかもしれません。

ちなみに僕もマンガを連載してますので良かったらフォローして見てください~^^今のところ無料です!

 

オリジナルのコンテンツを発表する

マンガでも絵本でもない自分のオリジナルコンテンツを発表することもできます。

画像だけでなく音声も動画も使えますし、発想次第で面白いものが作れるはずです。

それらをマガジン化し、ひとつの作品としてまとめることもできますね。

僕がやってるのはこんな感じです。

 

ノウハウをテキスト化して投稿

例えば絵の描き方などを詳しく解説して投稿することもできます。

冒頭の無料部分で、こういう絵を描く過程を詳しく解説しますと完成版のイラスト画像を掲載して簡単に手順を説明。それ以降の詳しい描き方の解説は有料。みたいにして情報やノウハウを販売することも可能です。

僕は2018年5月からフリーランスのイラストレーターとして独立したのですが

  • 毎月の収支
  • 仕事内容
  • 仕事を通して得た気づき
  • 何か質問があればお答えする

という情報を有料化して販売しています。

気になった方は是非ご購入ください^^最初は無料で読めるのでとりあえずご覧下さい↓

とあるフリーランス イラストレーターのお金と仕事

 

みんなのフォトギャラリー機能で営業

イラストレーターのサタケシュンスケさんが、こういうノートを投稿されてます!

これ、イラストレーターにとっては出版関係、デザイン関係の方が多いnoteのユーザー層、読者層にさり気なくアピールできるすごくいいチャンスになるのではと思いました。

ノートを投稿する上でアイキャッチ画像を設定できるんですが、そのアイキャッチ画像を「みんなのフォトギャラリー」の中から自由に選ぶことができるんです。

で、その写真素材やイラスト素材は誰でも投稿できます。

noteを使ってるような感度の高い発信者や読者に向けて自分のイラストを露出できるスペースであると捉えることもできますね!

サタケさんみたいな可愛いイラストは需要高そう!!

フォトギャラリー用イラストレーション(サタケシュンスケ)

 

ストックフォトサイトとして活用する

ピクスタイラストACといった画像素材サイトにイラストを投稿するように、それ専用のマガジンを作って個人的なストックフォトサイトとして活用してみてはいかがでしょうか?

イラスト素材を大量に投稿したマガジンの閲覧権(画像を使える権利)を月額○百円で販売して随時点数を増やしていくとか。

ただ、note自体はグーグル検索など外部からの流入に弱めなので、集客は自分のブログやSNSなどを使って頑張る必要がありそう。

 

イラストレーターのnote活用術まとめ

イラストレーターがnoteを活用して営業、収益化するための方法を提案しました。

  1. イラストをギャラリー化する
  2. 連載作品を発表する
  3. オリジナルコンテンツを発表する
  4. ノウハウをテキスト化して販売
  5. みんなおフォトギャラリーで営業
  6. ストックフォトサイト化して活用

という方法について解説しました。

このほかにも、こういう活用方法があるよ!って場合は教えてください^^

随時追加していきます!

 

▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク


イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です