イラスト作品をグッズ化したりデジタル販売できるサイトまとめ

オリジナルグッズが作れて売れるサービスまとめ
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^

いまやWEBサービスを活用することであなたのイラスト・デザイン作品を

  • ポストカード販売
  • Tシャツ化して販売
  • スマホケースにして販売
  • バッグにプリントして販売

・・・などなど自由に商品化して販売することができます。

しかもショップを開設するのに時間もお金もほとんど必要ありません!

この記事では、あなたの作品を商品化して(またはアート作品として)販売できるサイトをまとめて紹介していきます。

もとのデジタルデータがあれば、商品展開は簡単にできますし、基本的には在庫を抱えることもありませんので気楽にトライできるうえ、複数のショップをもつことでより多くの人に作品を見てもらうことができます。

国内だけでなく世界中にリーチできるサイトもありますよ!

是非うまく活用してあなたの収益の柱のひとつに育て上げてみてください!

 

BASE

香取慎吾さんのCMでもお馴染みの今、日本でもっともポピュラーなネットショップ開設サイトです。

こちらの動画で1分でBASEが理解できます。

30秒もあればショップを開設できますし、オリジナルのイラストやデザインを使ってTシャツやスマホケースを簡単に作成することができます。

ショップのデザインの自由度も高いです。操作感もシンプルで使いやすい。

お金のやり取りや商品の発送など難しいことはお任せでできちゃいます。

また、機能を拡張できるアプリを使うことで

  • インスタグラムと連携して販売
  • 定期販売
  • 数量限定販売
  • 生配信販売

など、売り方を自由自在に設定可能!

無料で即ショップオーナーになれちゃうBASE!オススメです。

無料ネットショップ開業【BASE】

 

絵やイラストの原画やデータ販売が無料でできるサービスの紹介と上手な売り方

 

Etsy

Etsyはクリエイティブ商品をグローバルに販売できるネットショップサイトです。

世界中からアート関連商品に興味をもつ人が集まるので、ショップを開設するだけでたくさんの人に作品をアピールできます。

販売手数料の取り方が少し変わっていて、商品を出品すると4ヶ月間に一度、または売れた時に$0.20(およそ20円前後)がかかります。

無料ではありませんが、かなり安価で作品を販売できます!

 

絵やイラストをアート作品として世界中の人に販売したいならEtsyがオススメ!

 

Not On The High Street

Etsyと似たような販売サイトですが、登録料や手数料はEtsyより高めです。

ただ、毎月200万人を超える訪問客がいてクリスマス時期にはそれが倍になるらしいです。

Etsyより品質を重んじる風潮があります。

Not On The High Street

 

SUZURI

欲しいものは、作ればいい。

自分だけのグッズが作れる。売れる。買える。

とにかく幅広い商品展開が可能なSUZURI。

イラストやデザイン画像をアップして展開したい商品にチェックを入れるだけですぐ販売できます。

商品原価に上乗せで自分の収益となる「トリブン」額を自由に設定可能。

多くのイラストレーターさんも商品を出品しているので見ているだけでも楽しいですね。

SUZURI

 

pixivFACTORY

人気お絵描きSNSで有名なpixivが運営しているショッピングサイト。

自分で描いたイラスト画像から最短2分でオリジナルグッズを制作できます!

グッズのジャンルもたくさん!Tシャツやスマホケースなど基本的なものからマスキングテープや缶バッジ印鑑ケースなどの変り種も。

pixivFACTORY

 

Stores.jp

こちらも最短2分でネットショップが作れてしまうサイトです。

カスタマイズ性も高く、簡単に高品質なショップが作れるし、商品展開も広げやすい!

Stores.jp

 

society6

世界中のアーティストが集うオンラインショップサイト。

自身のアートワークを簡単に様々な商品に展開できて世界中に販売できます。

商品が売れても利益が最低振込み額に達さないと振り込まれないサイトは多いですがSociety 6は少額でも毎月振り込んでくれます。

もちろん商品の製造や発送など面倒なことは全部任せられますが手数料はやや高め。

Society 6

 

creative market

世界中のデザイナーに人気のクリエイティブマーケット。

イラストや写真、各種テンプレートやフォント、3Dアセットまで販売できます。

制作ソフトのカスタマイズブラシなんかも売れます。

モノよりもデジタルデータを販売取引できる場所ってイメージです。

creative market

 

DESIGN CUTS

こちらも世界に門戸を開いたデジタルクリエイティブ販売所。

注目したいのは各商品の個別ページ。

見せ方がおしゃれだったり、商品について詳しく解説されていて熱量を感じますね。

パラパラ見てるだけでも勉強になりそう。

DESIGN CUTS

 

Zazzle

Zazzleも多くの商品展開が適うショッピングサイトです。

レギンスや靴下も作れちゃう!

ディズニーやマーベルも提携してオリジナルグッズ販売してたりします。

Zazzle

 

REDBUBBLE

REDBUBBLEは作成したオリジナルグッズに自分で利益率を設定できます。

原価に対して利益を乗せた金額で販売できるので収支がわかりやすいですね!

REDBUBBLE

 

INPRNT

あなたが描いたイラストそのものをポスターで販売できるサービスです。

ただ、このサイトに参加するためには条件があります。

参加申請後、プレビュー用作品を3つ提出します。

それを既にサイトに登録されているアーティストが審査し投票が行われます。

その結果でアカウントが作れるか否かが決まる。

腕試しにいかがでしょうか?

INPRNT

 

ART WEB

ART WEBは世界中のバイヤーにアートを販売できるサイトです。

自身のアート作品をネットワーク化して共有して収益を生むことができるかもしれない、というシステムです。

15枚の絵が載せられるギャラリープランは無料で利用可能。

芸術家よりのサービスかもしれません。

ART WEB

 

bigcartel

簡単にオンラインストアが作れると人気なbigcartel。

ストアデザインのカスタマイズが豊富で自分の好みに設定できます。

5つの商品登録までは無料ですが、それ以上は有料です。

bigcartel

 

This is a Limited Edition

選ばれしアーティストだけが参加できるアート販売サイトです。

トップアーティストの限定版商品を専門としています。

出品するためには審査に通過する必要があります。

This is a Limited Edition

 

Artist Shops

  • アーティスト
  • 音楽
  • 非営利団体
  • 学校
  • クリエイター
  • スポーツ

とカテゴリーわけされています。

オリジナルのデザインで様々な商品を展開し、構築したネットショップで販売することができます。

Artist Shops

 

自分のサイトで売る

結局はどこのサイトを使っても販売手数料がとられます。

でも、あなたのWEBサイトで独自に販売することでそれは免れます。

とはいえ、ここに紹介したサイトほどの集客力は見込めないでしょうから、コツコツとした営業活動は必須となります。

ブログやSNSを駆使することで丁寧にファン作りをして市場を開拓していくのもひとつの手かもしれません。

ママイラストレーターがSNSとWEBサービスを駆使して出版するまでの戦略

絵垢でフォロワーを増やす方法!絵師必見のSNSを活用したファン作り戦略

 

また、在庫を抱えないシステムを利用して、複数のサイトに商品登録しておけばチャリンチャリンと収益を見込めることもあります。

デジタルデータをフル活用して商品販売というマネタイズを模索してみましょう。

 

ホームページを作ったけどアクセスがないイラストレーターが試すべき方法

 

The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください