イラストレーターには3種類ある!あなたの目指すイラストレーター像は?難易度別に紹介!

イラストレーターの種類
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.

 

イラストレーターには大きく分けて3種類あります!それは

  1. 副業イラストレーター
  2. 会社員イラストレーター
  3. フリーランスイラストレーター

です。

正直僕はイラストレーターになりたい!と思った学生当時、③のフリーランスイラストレーターの存在しか知りませんでした。

イラストレーターって言ったらそういうもんだろうっていう狭い認識だったのです。

ちなみにこの3つは①→②→③の順でなる難易度が変わってきます。

③しか知らなかった僕はいきなり最高難易度に挑んで見事撃沈してますw

(その辺の経緯は僕のポートフォリオサイトにて僕のイラストレーター生存戦略という漫画で連載していますので、是非チェックしてみてください!)

なので、そういう勘違いをしてる方もいるんじゃないかと思いこの記事を書いてみました。

イラストレーターって憧れるけど、なるの難しそう。。

とお考えのあなたに、難易度別に3つのイラストレーター像を紹介していきたいと思います!参考になれば幸いです!

イラストレーターって別に資格があるわけではありません。

名乗ったその日からイラストレーターなので、ここでは自分で描いたイラストを使ってお金を稼ぐことをイラストレーターとします!

 

副業イラストレーター

難易度:★☆☆☆☆

一番簡単になれるイラストレーター。

本業は別でありつつ、就業後や休日に稼ぐスタイル。

そもそもイラストレーターの最も不安なところってちゃんとお金になるの?ってところだと思うんです。

副業での活動であれば、収入は本業で担保できるので、本当にイラストがお金になるのかどうかチャレンジできますね。

しかも、昨今はインターネットを使った“イラストでお金を稼げる仕組み”がいろいろあるので、自分に合うやりかたを選択できます。

ざっくり言うと…

  • 描いたイラストをフリー素材 or 販売素材として登録し資産化してお金を稼ぐ
  • 描いたイラストをグッズ化してネットショップで販売
  • 描いたイラストそのものをデータ or 原画販売
  • 「こういう絵を描いてほしい」という依頼に合わせて制作して稼ぐ
  • 「こういう絵描きます!」とスキル販売をして購入してもらう

などなど。

詳しくは【保存版】イラストを使った副業!ノーリスクで始められる12個を紹介にまとめてますのでご覧ください!

無理なく始められるものからやってみるといいですね^^

副業から始めて、本業程度に稼げるようになってくると複業なんて言ったりもするそうです。

実際に二足のわらじでイラストレーターをされているつぐりさんに書いてもらった記事がコチラです。

パラレルワークでイラストレーターの夢を叶えよう!複業イラストレーターという考え方

 

会社員イラストレーター

難易度:★★★☆☆

給料を貰いながらイラストが描ける会社員イラストレーター。

昔はほとんど無かったイラストレーター職ですが、今は正社員イラストレーター枠は結構あります!

WEBサービスやアプリ、ゲーム開発などIT関連事業では常にイラストレーターを欲していたりします。

ちなみに僕は大学卒業後、フリーランスのイラストレーターとなり、立ち行かなくなった時に

カスダ
えー!イラストレーターって会社員として募集もあるのー!?

と初めて気づいて就職しました。。

多分知ってれば、最初から会社員イラストレーターになってたと思います。無知ってこわいですね。。

もちろん会社員として採用されるには面接を突破しなければなりません。僕はその後、4社転職を成功した経歴もありますので、その経験をもとに就職・転職に役立つであろう記事もいくつか書いてますので、興味があれば是非参考にしてみて下さい。

 

フリーランスイラストレーター

難易度:★★★★★

問答無用で最難関のTHEイラストレーター。

冒頭にもかきました通り、僕は一度挫折してます。理由は

  • 仕事が取れない
  • お金が無い
  • 孤独で辛い…

です。

能動的に自ら進んで行動できて、問題解決していける人でないと厳しいです。

在宅で仕事!嫌な上司いない!自由!なんていう甘い言葉に騙されると地獄を見ます。。

そもそも個人事業なので、ビジネスの知識やマナーが前提にないと成り立ちませんし、税金関連を始めお金の知識も必要不可欠です。

この辺は実際にフリーランスで活躍されているイラストレーターのナガイクミコさんにインタビューしてきましたので読んでみて下さい。

フリーランスイラストレーター・ナガイクミコに聞く!イラストレーターの営業・仕事について

割とクリエイターってビジネス感覚が無くてお金に無頓着な人が多いので(昔の僕がそうでした。。)その辺の意識をしっかり持てないと難しいでしょう。

未経験でフリーランスイラストレーターになった橋本ナオキさんはストック収入の大切さを書いてます。

未経験でイラストレーターとして独立した僕を支えたオススメ不労所得5選

と、フリーランスは大変だ!という話を書いてきました。

が、今は徐々にフリーランスになりやすい環境になりつつはあります。(もちろんお金やビジネスの知識は大前提ですが)

たとえばレバテックフリーランスなどのフリーランス専門のエージェントサービスが数多く出てきていて、クリエイター向け案件も結構あります。

また、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスも充実しているので仕事獲得の難易度は下がってるともいえるでしょう。

かくいう僕も実は現在勤めている会社を2018年4月末で退職し、5月からフリーランスとして活動していくつもりです。

一度は挫折したフリーランスですが、10年の準備期間を経てもう一度チャレンジしてみるつもりです。

良かったらツイッター(@ksd_illust)フォローして応援して下さいね^^

 

イラストレーターには3種類ある!まとめ

絵を描いてお金が貰えるなんて、好きな人にとってメチャクチャ嬉しい事ですよね^^

イラストレーターになるのは難しいのではないだろうか?と不安に思って諦めてしまう前に、まずは副業からコツコツチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

月々の給料にプラスして好きなイラスト業務で数万円でもプラスできたら最高ですね!

そこまで稼げるようになったら更なる高みを目指してみてもいいでしょう!

参考になりましたら幸いです。

 

The following two tabs change content below.
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク


イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です