今ペンタブ買うならワコムの「One by Wacom」がシンプルで安くて良い感じ!

オススメペンタブ
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^

PCで絵を描くのであればもはや必需品のペンタブ端末。

今回ご紹介するのはその中でも無駄な機能を削ぎ落としたメッチャシンプルで使いやすい「One by Wacom」を紹介します。

↓こういう感じ。

 

ファンクションキーがついていないコンパクトでシンプルなペンタブです。

ファンクションキーって何やねん?

初めて購入される方はわからないと思うので一応解説を。

ワコム製のペンタブには

赤丸部分のようなボタンがついていて、そのボタンに「やり直し」とか「ブラシを選択」など各機能を振り分けられたりするのです。

このボタンがファンクションキーです。

今回オススメする「One by Wacom」はそんなファンクションキーがついていないモデルなんですね。

え!それ困るんじゃ・・・と思われるかもしれませんが・・・

実際はそんなに使うことなかったり。。個人的には一度も使ったことありません。

もちろんファンクションキーを駆使して描く方もいらっしゃるとは思いますが、無きゃ無いでも困らないかなぁというのが個人的な感想です。

そんなファンクションキー不要論者たちにもオススメできますね。

筆圧検地は2048段階。

最新上位機種だと8192段階だとか。。4分の1ですが、正直2048もあれば十分な気もします。

ちなみに僕が使ってるintuos3は1024段階。だけど普通に描けるし。(今調べて初めて知りました。。)

筆圧に関しても気にしなくて良いかなーと思います。

 

あとはペンの傾き検知機能もないらしいけど、そもそも私はこの機能も使ってなかったのでいらないんじゃないかなーという感想。

つまり、

  • ファンクションキーいらない!
  • 筆圧は2048段階で十分!
  • ペンの傾きも検知しなくていい!

って方には安くてオススメのペンタブとなってます。

 

One by Wacomを使って描いたというイラスト↓

そのうえコンパクトなので持ち運びもしやすい!

ペンタブってどんな感じなんだろうと実験的に使ってみたいって方も安くていいんじゃないかな?上位機種は結構値段張るし。

詳しくは商品ページでご確認ください↓

The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください