転職エージェント?転職支援?人材紹介?求人サイト?クリエイターにオススメなサービスは?

スポンサードリンク

社畜アートディレクターksd(@ksd_illust)です。

よっしゃ!転職しよう!と思い立ったはいいけど転職する際に活用できるサービスっていろいろあってよくわからない!!

なんてことありませんか?ちょっと調べてみただけでも

  • 求人情報サイト
  • 転職エージェント
  • 転職支援サービス
  • 人材紹介サービス

などなどいろいろあります。

いろいろあってよくわからん!どれ使えば失敗しないんだよ!?

ってことでこれまでに4回転職してそのすべて成功してきた僕がそれぞれのサービスの違いと活用方法をサラッと紹介していきたいと思います。

転職を考えているのであれば是非参考にしてください!

 

転職に活用できるサービスは2タイプしかない!

ずらっといろいろサービス名を挙げてきましたが、実はこれらは2つのタイプに分類できます。

  1. 求人情報紹介サービス
  2. 転職支援系サービス

です。なのでこの2つの違いさえ抑えておけば基本OKです!

冒頭に出した例だと求人情報サイトは①の求人情報紹介サービスその他は全部②転職支援系サービスにあたります。

詳しく見ていきましょう。

 

求人情報紹介サービスとは

いわゆる転職サイト。

自分で条件を絞り込んで検索をかけるとズラッと求人案件が表示されるやつですね。

企業は求人広告をサイト上に掲載して、それを見た求職者が自分でエントリーするっていうサービスです。

僕も転職しようかなと思い立ったときにサクッと検索して案件調べたりしますね。

 

求人情報紹介サービスのメリット

  • 手軽に使える
  • 多岐にわたる業界の求人を見れる

メリット1:手軽に使える

とにかく手軽。現職で働きながらサクッと検索して良い案件があれば即エントリーすることもできちゃいます。

常日頃からアンテナを張って調べておくとマッチした条件の求人と巡り合えるかもしれません。

注意!

ちょくちょく検索してると気づくかと思いますが、ずーーっと求人してる企業があったりします。
これは、常に人手不足ということが考えられ、つまり・・・そういうことです。注意しましょう

 

メリット2:多岐にわたる業界の求人を見れる

検索項目を変えるだけで多くの業界の求人を調べることもできます。

業界は問わないけどとにかく給料が良い会社が良い!!

みたいな人は使い勝手が良いですね!

 

求人情報紹介サービスのデメリット

  • 全部自分で行わなければならない
  • 必ずしも掲載されてる内容が正しいとは限らない

デメリット1:全部自分で行わなければならない

企業を吟味して探してエントリーしてスケジュール決めて、対策して・・・

転職って成功させるためには意外とやることが多い。

しかも僕のように次が決まってから現職を辞めるスタイルの場合、働きながらいろいろ進める必要があり大変。

結局心が折れて、まあいいや、やっぱ今の職場で・・・なんてなっちゃうことも。。

 

デメリット2:必ずしも掲載されてる内容が正しいとは限らない

これずるいですよねー。僕の実体験では

  • ボーナス支給あり→実際は業績による(過去2年は無かった)
  • 都心の綺麗なオフィスの写真を掲載→実際の職場は駅から遠い雑居ビル

みたいなフェイク案件を目の当たりにしました。

もちろん面接だけ受けてこちらから願い下げだ!って感じでしたがわざわざ現職を有給使って面接してこれだととても悲しくなります。


というのが求人情報紹介サービス。

ぶっちゃけ僕は次に紹介する転職支援系サービスの方がオススメです。

特にクリエイター系だったり働く業界が決まってる(専門性がある)場合は間違いなく転職支援系サービスを使いましょう!

 

転職支援系サービスとは

駅や電車の広告なんかでよく見かける

  • 転職エージェント
  • 転職支援
  • 人材紹介

なんかは、ひとくくりに転職支援系サービスです。

主にキャリアアドバイザー(転職エージェントなど呼び方はいろいろ)と呼ばれる転職のプロが担当についてくれて転職の相談に乗ってくれたりアドバイスしてくれたりしつつ、あなたに合った企業を複数紹介してくれて面接まで導いてくれるサービスです。

だいたい最初に転職のプロと直接(または電話で)面談します。

で、あなたのスキルややりたい事なんかを考慮したうえで、

お客様、こちらの企業などいかがでしょう?

といった具合に自分に合った企業を紹介してくれます。

さらに履歴書や職務経歴書、スキルシートなどまとめて提出してくれて、あれよあれよと面接までこぎつけちゃうサービスですね。

僕はこれまでほとんどこのサービスを駆使して転職してきました。

ちなみに全部無料です!

 

転職支援サービスのメリット

実際に使ってみて感じたメリットは

  • 新しい企業との出会いがある
  • 二人三脚で目標達成に向けて頑張れる
  • 転職に対する考え方や転職に使えるテクニックなどアドバイスがもらえる

メリット1:新しい企業との出会いがある

転職支援サービスで抱えてる企業のほとんどが非公開求人。

なので、紹介された企業の中には「え!?この会社、求人だしてたの!?」とネット上で探せない求人案件があったり、新しくできたばかりのベンチャー企業の求人情報なんかもあったりします。

意外と全然ノーマークだったけど条件、内容ともに自分に超合致してるぅぅ!みたいな案件と出会えたりしますよ。

 

メリット2:二人三脚で目標達成に向けて頑張れる

転職って結構エネルギーがいるんですよね。

僕は次が決まるまで現職は辞めないスタイルなので、仕事をしながら転職活動をしなければならず、結構大変です。

でも転職支援サービスを駆使すると転職のプロが自分の担当についてくれるのでとっても心強い!

例えるならバクマンみたいな担当編集と漫画家みたいな関係性とでもいいましょうか(ちょっと違う?)

というのも、

あなた:
今より良い会社に転職成功したい!満足いく企業で働きたい!

転職支援サービス:
あなたを転職させたらその企業からキャッシュバック貰える!あなたが「思ったのと違う・・・」と言って転職先をすぐ辞めてしまうとお金もらえない!(求職者からはお金もらわない)

というように利害が一致してるんですよね。

なのであなたの幸せは転職支援サービスの幸せなのです。

だから協力し合えるんですね~。

 

メリット3:転職に対する考え方や転職に使えるテクニックなどアドバイスがもらえる

そのうえ協力者は転職のプロです!

転職する上で悩んでることや、自身の無いことなど何でも相談してみましょう。

きっと親身に考えてくれて解決策をアドバイスしてくれるはずです。

今の自分のスキルじゃ・・・どこも採用してくれないですよね・・・?

と聞いた僕に対しても心優しく「そんなことありませんよ!」といってズラっと案件を紹介してくれた時は感動しました。

転職のプロは内部事情にも詳しい!?

専門性をもった転職支援サービスでは、アドバイザーもその業界に詳しいです。
僕が「○○って会社が気になってるんですが・・・」と聞いてみると
「あそこは最近業績が悪いですね・・・。以前会社の調子が良い時に紹介して入社させた方がいるんですけど、その人いわく今年はボーナス無しだって嘆いてました。」
みたいな内部事情も聞けました。

 

転職支援サービスのデメリット

もちろんデメリットもありますよ!具体的には

  • 登録がめんどい
  • 転職の決心がつかないと使いづらい
  • 担当者に当たり外れがある

デメリット1:登録がめんどい

だいたいのサイトではWEB上で登録(これはまぁ簡単)。

その後、実際に転職支援サービス会社まで訪問して面談する必要があります。

まぁメリットでもあげたように、自分の適性を転職のプロに見極めてもらうためにはどうしても避けられないところですね。

現職の仕事があって訪問できないよーって時はその旨伝えると、平日でも遅い時間に面談設定してくれたり(僕は21時から面談してもらったこともあります)土日にしてもらったりある程度融通は利きますね。

 

デメリット2:転職の決心がつかないと使いづらい

一度面談したら、話はどんどん進んでいくので利用する際は「絶対いい会社に転職してやる!」という確固たる意志が必要です。

でも最近は

  • すぐ転職したい
  • いい案件があれば転職したい
  • 転職に関して情報収集中

みたいな自分の現状のモチベーションを登録できたりもするっぽいですね。

 

デメリット3:担当者に当たり外れがある

基本的には転職のプロなのですが、そこは人間なので合う合わないはあります。

これを解決するためには複数の転職支援サービスに登録すること。

で、その中で自分に合う人と転職活動を進めていけばいいんじゃないでしょうか。

または申請すれば担当替えもしてくれると思います。

 

クリエイターにオススメの転職支援サービス

まず周りでも評判いいのはマイナビクリエイターです。

名前から言ってクリエイターのための専門エージェント感がありますね。

WEBサービス系やゲーム系案件とか多い!しかも定期的に無料セミナーなんかも行っていて転職に有益な情報が得られそうです。

この記事を書いてる今現在募集されてる無料セミナー内容

  • スクウェア・エニックスの豪華ゲストが一同に集結!中途採用説明会&トークセッション&社員座談会<無料>
  • 平川アズサ氏がゲストとして参加!年末特別企画 女性クリエイター限定キャリアセミナー<無料>
  • 面接や職務経歴書の作成に必ず役立つ!キャリア形成ワークショップ<無料>
  • 毎週火曜日・木曜日に開催!業界未経験OK!転職個別相談会<無料>

僕が実際に使ってたのはワークポート

ここは担当のことを転職コンシェルジュと呼んでいて、本当に親身に相談に乗ってくれますよ!

東京以外にも横浜・名古屋・大阪・福岡に拠点があるので、地方でも相談してもらいやすい。

 

マイナビクリエイターワークポートこのクリエイター転職支援二大巨頭を抑えとけば間違いないでしょう!

 

転職エージェント?転職支援?人材紹介?求人情報サイト?クリエイターにオススメなサービスは?まとめ

転職に使えるサービスは

  • 求人情報紹介サービス
  • 転職支援系サービス

の2種類ある。

求人情報サービス:
企業は求人広告をサイト上に掲載して、それを見た求職者が自分でエントリーする。

転職支援系サービス:
主にキャリアアドバイザー(転職エージェントなど呼び方はいろいろ)と呼ばれる転職のプロが担当についてくれて転職の相談に乗ってくれたりアドバイスしてくれたりしつつ、あなたに合った企業を複数紹介してくれて面接まで導いてくれる。

クリエイターにオススメなのは転職支援サービスで、具体的にはマイナビクリエイターワークポートを活用すべし!

あなたのステップアップに少しでも参考になれば幸いです!!

▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です