イラストレーターがブログで作品を公開して仕事に繋げるための2つのポイントとは

イラストレーターブログアイキャッチ
スポンサードリンク

社畜アートディレクターksd(@ksd_illust)です。

イラストレーターはブログやSNSでガンガン作品を発表すべきです!

なぜなら、そこから仕事に発展することがあるから。

えー!うそだー!作品発表してるけどそんな依頼きたことないぞ!!

という方のためにブログから仕事に繋げるために気を配るポイントを解説してみたいと思います。参考にしてみて下さいね。

 

ブログからイラストの仕事を得た実績

と、その前に実際僕がこのブログから仕事を依頼してもらった実績を紹介してみたいと思います。

描きたい絵をアピールしたら仕事に繋がった例!

こういう格好いい絵描きたいねん!という思いを込めてこんな記事を書きました。

桃太郎・浦島太郎・金太郎のアメコミ版表紙を描きました

2017.04.17

すると、この記事を見た方から

派遣会社の者です。インパクトがある求人広告のイラストを探していたところ、ここにたどり着きました。
現在、大口案件である××××の短期案件を抱えています。
12月4日までに、60人以上の採用を行う予定です。
ksdさんの、桃太郎のイラストに一目ぼれ致しました。

桃太郎のイラスト風で八王子/橋本遠征組み求む!のイラストを作成可能でしょうか?

というお問い合わせがありました。

ksd
ひゃっほー!メッチャ嬉しい!!

イラストレーターとしてはパーフェクトな依頼ですね!!(お金もこちらの提示額でご依頼頂けました!)

そして描いたのはこちらのイラストです。

各求人サイト用に数パターンリサイズして納品しました。

スケジュールはタイトでしたがとても楽しい仕事でした!!

 

サービスを明確にして売り出すと吉!

僕はこのブログで他のブロガーさんのために絵を提供したいを思い立ち、こんなサービスを作ってみました。

ブログ・WEBメディア用アイキャッチ画像制作します!

するとこちらが大変好評で、いまだに月に5件前後はご依頼頂けるようになりました。

ただ「絵を描きますよー」って漠然と宣言するのではなく、ターゲットを明確にしてどういうサービスなのかわかりやすく説明して発信すると依頼に繋がりやすいのです!

 

クラウドソーシングでもブログを活用して受注率があがる!

ランサーズのプロジェクト案件なんかに応募する際は、こういうテイストのイラストはどうですか?って感じでクライアントにブログの過去記事を見せたりしてます。

こうすることでクライアントが完成図をイメージしやすくなるので受注に繋がりやすくなる(と思ってます)。

依頼内容に合わせて、例えば

忙しい主婦こそAmazonプライム会員になるべき!マンガでメリット7個を紹介

2017.04.28

四コママンガ『トイプードルとイラストレーター』①

2017.04.27

20代半ばで漫画家を目指して出版社に持ち込みに行った時の話 第1巻

2017.07.13

あたりを見せると「なるほど!こんな感じでお願いします!」ってなることが多いですね!

 

クリエイティブ系専門学校で紹介

ちなみに仕事ではないですが専門学校で当ブログをご紹介頂いたこともあります。

専門学校の講義で当サイトを紹介して頂けました!!

2017.07.05

こういうことがあると発信してて良かった~!と思えますね。

ブログやってなかったら経験できませんでした。

 

ブログからイラストの仕事を得るためのポイント

こういった感じでブログを介してお仕事依頼をGETするためには、ただ漫然と作品公開してても難しいです。

タイトル:新作描きました~

本文:(絵が1枚だけ貼り付けられてる)

みたいなブログではなかなか仕事には結び付けられません!!

ブログで仕事を受注するためのポイントは2つ。


  1. イラストを使ってコンテンツ化してアピール
  2. SEOを意識してとにかく記事を量産する

これを意識してブログを更新していけばきっと仕事が舞い込んでくるはず!

詳しく解説していきましょう。

 

①イラストを使ってコンテンツ化してアピール

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、上に書いた実績紹介で記載した各記事を眺めてもらえるとわかりやすいかと思います。

桃太郎・浦島太郎・金太郎のアメコミ版表紙を描きました

2017.04.17

忙しい主婦こそAmazonプライム会員になるべき!マンガでメリット7個を紹介

2017.04.28

四コママンガ『トイプードルとイラストレーター』①

2017.04.27

20代半ばで漫画家を目指して出版社に持ち込みに行った時の話 第1巻

2017.07.13

これらの各記事は、読者を意識してそれぞれテーマを持って書いています。具体的には

  • 誰もがしてっる童話をかっちょよく描いたよ!
  • 奥さん、Amazonプライムの会員になるとこんなにお得なんでっせ!
  • うちのかわいいトイプードルを見てくれ!!
  • 漫画の持込みってこんな感じだよ!

Amazonプライムについて気になってる人や、トイプードル好きな人、マンガを出版社に持ち込むのってどうやるのー?と思ってる人など想定読者がいて、情報を提供してるんですね。

で、イラストはあくまでも挿絵!情報をわかりやすく伝えたり、楽しく見せるための補助なんですよ。(桃太郎の奴は例外ね)

イラストでわかりやすくした情報をパッケージした  いちコンテンツを記事として発表する。これが大事!

でも、描いた絵をアピールしたいならもっと絵にフィーチャーしたほうがいいのでは??

と思われがちですが、あくまでもイラストレーションって挿絵ですからね。

描いた絵をドーンと貼り付けて

  • 作品タイトル
  • 制作した日付
  • 作品に込めた思い
  • 作品のこだわったところ
  • 制作時間

とか書かれてもほとんどの人は興味が無いんですよ。悲しいけど。

画家ならともかくイラストレーターのアピールの仕方としてはイマイチ。(ポートフォリオとかなら別だけど)

そうではなくて、実際にWEBコンテンツとして、雑誌の記事として描くとしたらどんなふうにハマるのか!ってところをアピールすべしなわけです。

あなたが思ってる以上にイラスト自体に興味津々な人ってあまりいないかもしれません。。絵を描かない人とかなら特に。

そして仕事を発注してくれる人って自分で絵を描かないから発注するわけで。つまり、そういうことなんですよ。

 

SEOを意識してとにかく記事を量産する

SEOについてはここで長々語ってもあれなので省きますが(SEOについて解説してるサイトはたくさんありますよ!)これを意識してコンテンツ化した記事をたくさん書くこと。これが大事。

渾身のコンテンツ記事をひとつふたつ書いたところで、この広大なWEBの海でそれを見つけられる人が何人いるかって話。

とにかくたくさん書くことでブログのドメインパワーもついて検索されやすくなります。

イメージとしては自分のイラストをアピールしてくれる営業マンをネット上に拡散していく感じですね。

その営業マンは24時間あなたの絵を宣伝してくれます。数は多いにこしたことないですね!

 

イラストレーターがブログで作品を公開して仕事に繋げるための2つのポイントまとめ

ブログからイラストの仕事に結びつけるための2つのポイントを紹介しました。

  1. イラストを使ってコンテンツ化してアピール
  2. SEOを意識してとにかく記事を量産する

これを意識して寝ている間に依頼が舞い込むような売れっ子イラストレーターを目指しましょう^^

 

▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です