【20代向け】未経験から会社員イラストレーターを目指すための戦略

未経験からイラストレーターになる戦略
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。

僕は美大や専門学校を出たわけではなく、絵も下手でしたが描くことが好きだったのでイラストレーターを目指しました。

大学を卒業した12年前はイラストレーターといえばフリーランスしかない!と勘違いしていたので、そのまま就活せずフリーランスになりました。

でも実力もなければ仕事の仕方もわからなかったので立ち行かず、テレアポバイトで何とか食いつなぐ日々。。

そのとき初めて

カスダ
え!会社員でもイラストレーター職ってあるの!?

と気づきました。この辺詳しくは

↑こちらの記事をご覧下さい!

で、そんな未経験&絵の学歴なしな僕がイラストレーター職に就くためにしたことを、この記事にまとめてみたいと思います。

あなたが未経験から安定したイラストレーター職に就きたいと考えているなら是非参考にしてください。

 

STEP① イラストの作品を描きためる

まずは作品を制作しましょう。

肝心なのは最後まで描ききること。未完成で終わらせず完成させましょう。

作品を制作するって言っても何を描けばいいかわからないよ!

基本的には自分が描きたいテーマで描けば良いかと思います。

僕もよくわからん作品を描いていましたし。。

(僕の過去作品はコチラの記事で確認できます・・・)

もし、既にこの企業で働きたい!という目標が決まっているのであれば、その企業が提供しているサービスに合わせた作品作りをするといいでしょう。

例えば、特定のソーシャルゲーム会社のイラストレーターを目指すなら、その会社からリリースされているゲームのキャラクターにテイストを合わせたイラストを描くとか。

とにかく、イラストレーター職の場合、学歴よりも実績を重視されますので、作品制作は必須ですし、最も力を入れるべき部分でもあります。

デジタル制作は必須です!

会社員イラストレーターを目指すのであればデジタル制作できるスキルは必須項目です!

もちろん完璧に使いこなせる必要はありませんが、基本的な使い方や作品制作できるくらいの経験は欲しいところ。

Adobe製品のツールは業界シェア率最多なので、触っておきましょう。

月額制ですが安価で使うことができます。詳しくはコチラの記事で紹介してます。

 

STEP② アルバイト先を探す

いきなり正社員枠に応募するのも勿論アリです(その場合STEP③にすすんでください)が、難易度が高いと思うのであればまずはアルバイト採用を目指すのもいいでしょう。

実際に僕が最初にクリエティブ業界に入ったのはアルバイトからでした。

経験を積んで戦力になることができれば正社員採用もありえます。

アルバイトだろうと現場で仕事をすることで得られる経験値は独学とは比べられないほど高いです。

プロの集団の中で腕を磨くことができるのでグングン成長できますよ!

アルバイト探しはバイトルがアプリにもなっていて使いやすいです。

無料ダウンロードしてクリエイティブ系のアルバイトを探してみましょう!

バイトル - バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

バイトル – バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

ディップ株式会社無料posted withアプリーチ

STEP③ 転職する

アルバイト先の状況次第では正社員枠が空かなくてなかなか社員採用されない場合もあります。

僕は最初の会社で4年ほどアルバイトしてやっと正社員になれました。長かった・・・。

そんなに待ってられない!ということであれば転職をしてみることをオススメします。

アルバイトとはいえ、しっかり業務をこなしていれば制作能力は高められているはずです。

また、どのようなプロジェクトに関わっていたかアピールもできますので、十分転職可能!

アルバイト経験をもって転職エージェントを活用すれば正社員採用の転職を狙えるのでチャレンジしてみましょう!

WEBやソーシャルゲーム系企業への転職を狙うならギークリーに登録しましょう!

また転職決定人数No.1の大手転職エージェントワークポートもオススメです!未経験からの異業種転職サポートが心強いです。

クリエイター職への転職で必須の転職エージェントはコチラの記事でもまとめていますので是非ご覧下さい!

 

ポートフォリオの重要性

クリエイティブ業界への就職はポートフォリオが超重要です。

これは異業種には無い独特なポイントでしょう。

学歴よりも実績を重視する企業が多いので、実力社会ともいえますね。

  • 自分がこれまでどのようなプロジェクトに関わってきたのか
  • どのような作品を制作できるのか

この辺をしっかりアピールできるように作りましょう。

転職エージェントでは、スペシャリストからその辺のアドバイスも受けることができるので活用しない手はないですよ!

参考記事>>
イラストレーターの転職面接で実際に聞かれた質問と対策まとめ

【絵師必見】ゲーム系アートディレクターが解説!良いポートフォリオとは!?

【面接にも最適!】クリエイターの自己分析!無料で細かく自分の強みを知る方法

The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください