すぐに実行できる!描きあげた絵の完成度をあげる8つのチェックポイント

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^

絵の上達を早めるためには、とにかくたくさんの作品を”完成させる”ことです。

適当にダラダラと中途半端に描くだけではなく、しっかり完成させることでグングン上達していくはずです。

でも作品を完成させるのは特に絵の初心者にとって大変なことだったりします。

  • まぁ、こんなもんでいいかぁ
  • この絵描くの、もう飽きたなぁ
  • なんかイマイチなんだけど、どう手を加えたらいいか分からないから完成ってことにしちゃおう…

そんな妥協があなたの成長をせき止めているのです!

そこでこの記事では、絵を描きあげた後にチェックすると作品の完成度を高めることができる8つのポイントを紹介していきます!

絵を描いた後に是非試してみてください!

 

①グレースケールにしてみる

描いた絵をグレースケールにしてみましょう。

白黒の状態であれば色の濃淡を確認しやすくなります。

なんかパッとしない絵は全体的にボヤーっと淡い色になってしまっていることが多いです。

どこが絵の主役なのかを見直して、一番見せたい個所の色が濃くなるよう調整してあげると画面にメリハリがつきますよ!

 

②憧れの絵描きの作品と見比べる

プロのイラストレーターや漫画家など、自分が憧れる作家さんの作品と、今自分が描きあげた作品を見比べてみましょう。

やはりプロの作品は細部まで洗練されていますよね。

あなたの作品はどうでしょうか?

プロの作品と比べるなんておこがましい…と思うなかれ!

あなたもその域まで到達できるはずです。

適当にごまかしてしまった個所があるなら、今一度しっかり描きなおしてみましょう。

地味ですが、その繰り返しが絵の質を高め、プロの域まで成長させてくれるのです!

 

③縮小して全体をみる

縮小して見ると全体のバランスを確認できます。

画面右側がゴチャゴチャしてるけど左側は描きこみがスカスカだ…なんてことに気付けるわけです。

細部を描きこむ時は全体が見えなくなってしまったりするので要注意です。

全体的に気持ちよくバランスを取れているか確認してみましょう。

 

④時間を空けてみる

長時間同じ絵を描いていると、見方が凝り固まってしまい正しい判断ができなくなってしまいます。

目が慣れてしまって、デッサンの狂いやバランスの良し悪しが分からなくなってしまうのです。

なので描きあげた絵は、しばらく時間を空けてから改めて見直すようにしましょう。

一度寝てからでも、ゲームをやってからでも、漫画を読んでからでもいいので、一旦、その作品から離れるようにしてください。

時間を空けてから見直すと、なんで気づかなかったんだ!というミスが見つけやすくなります。

あれ?メッチャ可愛く描けたと思ったけど、全然可愛くない…

なんてことも全然あります。

思い込みを解いてフレッシュな目で観察すると新たな気付きを得られるはずです。

 

⑤印刷してみる

デジタルで作画しているのであれば、一度紙にプリントアウトしてみることをオススメします。

紙にプリントアウトして確認すると

  • 描きこみ量が思っていたより少ない…
  • 色味が思っていたより綺麗じゃない…
  • 全体のバランスが思っていたより良くない…

など「思っていたより」おかしな点を見つけやすくなります。

 

⑥反転してみる

絵を反転して確認するとデッサンの崩れに気づきやすくなります。

長いこと描いていて、その絵に見慣れてくると狂ってる個所が分からなくなってしまいます。

また、手癖によって片側に線が傾きやすかったりもするので反転チェックは効果絶大です!

デジタル作画であれば、ツールの機能で簡単に絵を反転できますし、アナログであれば紙を裏返して透かして確認したりすることで反転状態を確認できます。スマホで撮影して画像を反転してみてもいいですね。

ちなみに、描いている途中で定期的に反転しながら筆を進めていくとデッサン崩れを修正しながら作画を進めていけますよ!

 

⑦SNSにあげる

描いた絵をいざSNSにあげようと思うと

「いや、ちょっと待てよ!ここの部分もうちょっと描き足そう」

と思えたりします。

誰かに見せたり、SNSにアップしようと思うと、自分の中で未完成な状態で見てほしくないという気持ちが沸き上がるはずです。

その気持ちをうまく使って完成度を高める原動力にしましょう!

アップするときは

「テキトーに3分くらいで描いた落書きです!」

とか書いてハードルを下げるための保険をかけていると、いつまでたっても成長できませんよ!

 

⑧仕様書と照らし合わせる

仕事で依頼された絵なのであれば、依頼内容を再度確認してみましょう。

描いてるうちに自分の好みにアレンジしてしまって依頼内容からずれてしまっているかもしれません。

本当に依頼者が求めているよう描写ができているか改めて点検しましょう。

自分のオリジナル絵であれば、この絵はどんなコンセプトだったのか、何を一番見せたかったのか、という点を再度思い出してください。

その通り描けているかどうか第三者目線で確認できるとメキメキ上達していけますよ!

 

最大限に完成度を高めることで上達は加速する!

完成度を高める8つのポイントを紹介してきました。

  1. グレースケールにしてみる
  2. 憧れの絵描きの作品と見比べる
  3. 縮小して全体をみる
  4. 時間を空けてみる
  5. 印刷してみる
  6. 反転してみる
  7. SNSにあげる
  8. 仕様書と照らし合わせる

絵を完成させたら、これらの方法でさらに完成度を高めてみてください。

その繰り返しが血となり肉となり、技術向上に繋がります!

是非試してみてくださいね。

 



 

イラストが上手くなりたいあなたにオススメの記事まとめ

 

The following two tabs change content below.
イラストレーター生存戦略編集部
イラストレーターにとって有益な情報をお届けします!イラストレーター、イラストレーター志望者の方は是非SNSもフォローしてもらえると嬉しいです^^
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください