副業イラストレーターの仕事のやりがいと大変さを現役の僕が答えましょう

副業イラストレーター
スポンサードリンク

社畜アートディレクターksd(@ksd_illust)です。

今はベンチャー企業のディレクター兼イラストレーター兼アニメーター兼デザイナーみたいな立ち位置です。

と同時に当サイトで個人的にイラストやアニメ制作のお仕事をご依頼頂いてます。

副業、というかパラレルワーク的な感じで独立を視野に入れつつ取り組んでます。

ここでは、そのやりがいや大変さについて書いてみたいと思います。

  • イラストレーターになりたい
  • イラストを副業にしたい

と考えてる方の参考になれば幸いです。

ちなみに早速フリーランスのイラストレーターになる!ってのは僕はあまりオススメしません。
まずは本業を持って、副業からのチャレンジを推奨します。

関連記事>>>
新卒フリーランスイラストレーターとなった僕が失敗した理由と学んだ事から独立のヒントを考える
絵を描く仕事を目指している人必見!準備しておくべき3つの課題

副業イラストレーターの仕事のやりがい・良いところ

絵を描いてお金が貰えるなんて幸せ

まずはコレですね。イラストレーターになりたいって人はまず絵を描くことが好きな人でしょうから、それが収入に結びつくってのはとっても幸せなことだと思います。

「好きを仕事にする」って最近はよく聞きますね。

僕のクライアントさんの伊達亮哉さんも好きなことを仕事にする方法をブログで発信されてます。

伊達さんのブログはコチラ>>Startup Like≒Job

そういった意味でもイラストレーターって”好きを仕事に”の代名詞と言うかイメージしやすい仕事ですよね。

仮に本業が辛くとも、自分の好きな絵を描いて副収入が貰えればメチャクチャ嬉しいですよね!

僕は本業でも絵を描いてるのですが、もちろん自分の好きな絵ばかりは描けません。

いや、描くこと自体好きだからいいですけどね。

でも副業なら、請け負うのは自分が楽しく描ける絵のみ!って振り切ることもできちゃうわけです。

 

クライアントへの貢献が直に感じ取れる喜び

会社での仕事ってたくさんの人が係り合ってて、業務によってはお客さんと直接接することが少なかったりしますね。

特に僕らクリエイターなんかは制作に特化するので、まさにその傾向が強い。

営業さんとかから

営業
この前のデザイン、お客さんメチャ気に入ってたよ

とフワッと又聞きする程度。

まぁ、僕はディレクターも兼ねてるのでお客さんとの折衝もありますが、多くのクリエイターはそういうところに悶々としてるのではないでしょうか?

ところが個人でイラストレーターとして活動すると、すべて直接自分がお客さんとやり取りすることとなるわけです。

その分、責任も重くはなりますが、お客さんから労いの言葉や、感謝を伝えてもらうと疲れやプレッシャーなんか吹っ飛んじゃうくらい爽快!

自分の好きな絵を描いてお金を貰い、感謝までされちゃうなんてこんなに幸せで良いのか!?

と逆に不安になってしまうくらいイラストレーターは素敵な仕事なんですよ!!

 

リスクヘッジとなる

僕はこれまで4回転職してるんですが、会社が倒産して転職せざるをえなかったことが一度あります。

それまでは、株式会社って丈夫~!と思ってました。でも潰れる時は一瞬すぎて(上層部の決定って下っ端にはなかなか知らされなかったり…)え!?まじで潰れんの!?と焦ったものです。

そんな経験から会社への絶対的な信頼感は無くなりました。

そもそも今のご時世、10年存続する会社は1割くらいしか無いって話ですし。

会社からの給与収入以外にも収益化できる何かを持っておくのは当然。

むしろ給与所得しか無いってのは、リスキーな生き方だなって思います。

今は、副業イラストレーターとして収益化できるようになってきたので、いつ会社が潰れても、クビになっても焦らずに済みそうです(笑)

 

安定感がある

会社員+副業こそ攻守において最強説。

安定した月収+副業で稼いだお金が入ってくるわけですからね~。うひょうひょですよ。

副業の仕事がなかなか入らなくとも、給料があるという安心感、はんぱない。

金銭的に余裕も生まれるので思い切った投資もできちゃう!

関連記事>>>
20代、30代でしといた方が良い3つの投資

でも正直、独立を考えると途端に不安になるんですよね~。。

もっと安定して副業収入を確保できれば安心して独立できそうだけど。

そういった意味でもいきなり独立するのではなく、会社員で働きつつ副業してみて独立準備するのがベストですよね!

 

副業イラストレーターの仕事の大変なところ

お金の交渉

基本的に金額は自分で決めてるんですけど、果たして妥当なのか?と頭を悩ませることもしばしば。

また、どうしてもイラスト系って単価安めになりがち。

僕は副業ってこともあり、割と強気に価格設定してるつもりだけど、それでもこれを本業としたら…と考えると不安はつのります。

副業“イラストレーター”と言っといてなんですが、やはりイラスト以外のスキルは必須なのではなかろうか。

僕は、アニメーション制作ができるので、実は収益の大半がアニメ制作によるものなんです。

シナリオを構成し、絵コンテ・ビデオコンテの制作からイラスト素材をつくって動かしてアニメ化すると作業的には重めですががっつり稼げたりします。

とはいえ、お金の交渉は課題だし、受託している以上逃れられない問題。

受託しないでも稼げるようになりたい…なんて考えてる今日この頃。。

関連記事>>>
絶対に損しない!クリエイターの金額交渉術と見積もりの計算方法
イラストレーターとして生き残るには希少価値を高めるべし!掛け合わせたいスキル5選

 

時間がない!

平日は会社員なので、副業業務するとしたら帰社後か週末、祝日となるわけです。

ふと気づくと、自分のための時間って結構無かったり。。

ちなみに、この記事を書いてる今現在、僕は1月半くらい休日返上中です。

たまに奥さんと出かけるくらい。

それでも頑張れるのは、やっぱり自分の好きなことをしているから!

これが退屈でつまらない業務を強いられるのであればこんなに続かない。

やっぱり副業は自分にとって楽しいと思えることにすべきですね。

 

集客が難しい

集客のためにこのブログもやってるわけだし、最近はその手の本やら読み漁って勉強してますがなかなかに難しい。

結構がっつり営業すれば仕事は取れそうな気もするけど、あくまでWEBで集客できないかなってのが課題です。

というかアニメーション制作依頼のお客さん取りたいならそういう記事書かないとダメだろうと数か月前から気付いてはいるけど。。。

もう一個ブログ作ろうかなぁなんて考えてたり、いやいやでもやっぱりと否定してみたり。。頭から煙が出そうです。

でもマーケティングやブランディングって今まで考えたこともなかったので、それを学ぶのは楽しいですね。

いろいろ試してみて結果良かったものを悩めるクリエイターたちにシェアしていきたいところです!

関連記事>>>
脳内アーティスト稲沼竣に学ぶ月収倍増の秘密!セルフブランディングの重要性

 

副業イラストレーターの仕事のやりがいと大変さを現役の僕が答えましょう まとめ

やっぱり自分を頼って依頼してくれる方がいるってのは物凄く嬉しいことだし、全力で期待に応えたいと思えます。

仕事って楽しくなくちゃいけないなと思う。

そして、楽しさを獲得するためには決定権と責任を負わないとダメなんですよ、きっと。

だから完全に自分の裁量ですべてを進められる仕事は面白い。

いくつかこのサイト経由でご依頼頂いて仕事をこなしていくうちに、改めて早くこれを本業にしたいと思いました。

頑張ります!

 

 

▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です