イラストレーターとして独立・副業するならfreeeに会計を任せれば確定申告も楽チン!

超簡単にイラストレーターの確定申告を完了させるには
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。

イラストレーターとして独立してフリーランスになったり、副業で年間20万円以上お小遣い稼ぎをすると確定申告が必要になります。

確定申告って聞くとなんだかとても難しい気がしますよね。。

なにをどうすれば良いかわからない!!って方も多いのではないでしょうか?

僕は今回始めての青色申告だったので、とてもドギマギしてました!

先輩フリーランスの方々が確定申告に追われている様をよく目にしていたので。。。


でもfreeeを使っていたのであっけにとられるほど簡単に確定申告を済ませることができちゃいました!!

それだけじゃなく日々の収益管理やお金の把握もバッチリ!


freeeでお金の管理をすると、どれだけ簡単か解説していきたいと思います。

 

そもそもfreeeって何?

そもそもソレ何なん?って方のために簡単に解説しておきます。

freeeとは個人事業や中小企業を中心に人気のクラウド型会計ソフトです。

つまり、インターネットが繋がればどこでも自分のお金関係を管理できるソフトってことですね。

僕が使ってみて良いなと感じたのは

  • 銀行口座やクレジットカードを登録しておけば勝手にお金の流れを可視化してくれる
  • 振込み内容とかを学習して勝手に仕分けしておいてくれる(手入力の可)
  • 見積書→請求書→領収書(納品書)の書類作成が超簡単
  • 書類の金額と振込み金額を照らし合わせて、どの請求とどの振込みが結びつくか管理してくれる
  • 書類の送付が楽!PDFメール送付・印刷して郵送も対応
  • お金の流れを全部管理してくれてるから確定申告でバタバタしない!

あたりでしょうか。

プランはスターター・スタンダード・プレミアムの3つあります。違いはこんな感じ。(正確な情報はfreeeの公式で確認してください)

スターター スタンダード プレミアム
データの保持
確定申告書類のPDF出力
消費税申告 ×
月次推移/資金繰り/売掛/買掛レポート ×
請求書の合算・定期発行
まとめて送付
×
部門別会計/カスタム権限管理
× ×
最大50万円の税務調査サポート補償 × ×
領収書・レシート撮影での
入力・保存
月5枚まで 枚数制限無し 枚数制限無し
サポート チャット・メール チャット・メール
(優先対応)
チャット・メール・電話
(優先対応)
料金 月額980円(税別) 月額1,980円(税別) 年額39,800円(税別)

 

僕は一番安いスターターを使っていますが、開業初年度とかはこれで十分だと思います。

ある程度売上げが伸びて消費税申告とか考えなくちゃいけないようになったらスタンダードに変更する感じかな。

月1,000円程度でお金の管理をしてもらえて書類を楽々つくって送れて確定申告も楽にこなせるとしたら・・・いいですよね!?

 

 

まずは事業用口座とクレジットカードをつくろう!

独立でも副業でも、まず最初にやっておきたいのが事業用口座の開設です。

後々freeeで管理する上で、プライベートのお金とイラストレーターの仕事のお金は別に分けたほうが管理しやすいからです。

副業の方は、給与が振り込まれる口座と別の口座を作って、そちらで副業収入を管理した方が良いかと思います。

早速面倒くさいと感じるかもしれませんが、これをやっておくとお金の管理がマジで楽チンになるんです!

口座はどこでもいいですが、個人的にオススメなのが楽天口座。

振込み手数料が安いし、ポイントも使えたりするので何かとお得!

僕の場合、副業でランサーズを結構やってたんですが、他の銀行では報酬振込みに500円かかるところ楽天銀行だと100円だったので楽天にしてます。

あと消耗品とか楽天で買うことも多いので、そこで貯まったポイントを支払いとかにも回せるのがグッドですね。

独立前にクレジットカードをつくっておこう!

独立を考えているのであれば会社員の間に事業用のクレジットカードを作っておきましょう!

フリーランスになると社会的信用が落ちるので(特に開業直後とか)カードを作ろうと思っても審査が通らなかったりするみたいです。

あとローンとか賃貸も難しくなる、と聞きますので引越しや大きな買い物を考えている場合は会社員である間に済ませておくと吉!

※ちなみにfreeeでもfreeeカードっていうクレジットカードを発行できます。開業直後でも作れるみたいです

僕がランサーズ副業でいくら稼いでいたかというと・・・

 

独立前にやっておくリストまとめました!
フリーランスイラストレーターになる前にした7つの準備!独立前にすべきこと

 

 

freeeと連携しよう!

事業用の口座とカードを作ったらあとはfreeeと結びつけるだけ!

ほとんどの銀行やカードは登録できるはず。あと電子マネーや各種決済サービスも連携できます。

と、まぁ基本はこれだけ。

で請求書とかをfreeeの機能で発行すれば、振込み先と振込み金額から判断して紐付けてくれるので超簡単。

freee請求書一覧

こんな感じで請求書一覧が見れて、振り込まれたのかまだ振り込まれてないのかすぐわかります。

支払期日を過ぎているものがあると指摘してくれるので見過ごしたり分からなくなったりしません!

 

freeeは書類管理が楽チン!

例えば見積もり依頼があったとき。見積書を作成するのであればfreeeでサクっと作れます。

freee見積書作成 (1)

これは仮で作った見積書です。ぼかしてるところは僕の屋号や住所やハンコがおされてるところです。

こういう情報も事前に設定しておけば毎度記載する必要もないので楽ですね。ハンコ登録ができるところもイケてます!

源泉税や消費税(内税・外税)も簡単に入力可能。

そして画像上部の赤枠で囲った箇所をごらんください!

この見積書をこのまま請求書や納品書に転用できるんです!

これが凄く楽。僕は基本的に請求書くらいしか作らないんですが、見積書や納品書などを発行するよう言われたときに簡単に変換できるので助かってます。

さらに、発行方法も

  • PDFでダウンロードして自分で送る
  • そのままfreeeからメールを作成してPDFで送る(返信用メアドは自分のものに設定できる)
  • WEBで見られるスマート請求書として送る
  • 郵送する

が選べます。

郵送もクライアントの住所登録をしておけばソッコーで送れるし、発送状況も逐一確認できるし、面倒くさい手続きも不要(郵送料をfreeeに支払うだけ)

最近はあまり郵送しろと言われることもないのですが、一度そういうクライアントさんがいて、うわー面倒臭いなーなんて思ってたんですが、この機能で本当に一瞬で送れてメチャハッピーでした^^

 

freeeで確定申告が楽チン!

と、いった具合で簡単にお金や書類を管理できて、すべてを紐付けられるfreeeなので確定申告も楽チンです!

なんせ書類や金額は常に管理下にあるわけですからね。

基本的には〇×で回答していくだけで書類ができあがっていく仕様となります。

必要に応じて医療費とか記入する必要はありますが、売上げや経費に関しては既に計算が終わっている状態で始められるわけです。

請求書はデータで全部揃ってるし、レシートなんかは写真で撮ってアップしておけば管理・紐付け可能です。

確かに、まとめて全ての売上げを計算したり経費仕分けして計算したり・・・って考えるとゾッとしますね・・・。

僕は絶対freeeで管理することをオススメします!

freee確定申告

こんな感じ。家事按分(事業とプライベートで兼用しているもの)に関しても比率を入れれば勝手に計算してくれます。

ちなみに僕は住居はマンションを購入しているんですけど、税理士さんに聞いてみたら購入した家のローンは按分できないとか。

賃貸なら賃料を按分できるらしい。ローンだと法人化して云々しなきゃ経費にできない・・・らしい。難しい。

コメントでご指摘頂きました!

家のローンですがローンの内訳の金利分は手数料として(按分したのち)経費になります
住宅ローン控除は事業利用分を差し引かなければなりませんが
その分をいくらか充当できます

ようです。勉強不足でした><

 

フリーランス・副業の会計はfreeeに任せておけば万事OK!

ということで、イラストレーターに限らずフリーランスの会計はfreeeを使うことでメチャクチャ楽になります!

年間20万円以上の副業収入を得ていて確定申告が必要な方も是非活用して欲しいですね!

その他詳しく知りたい!って方や登録したい!って方は公式サイトへどうぞ!!

freee公式サイトへ

 



 

★こちらの記事もオススメ

 

The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 家のローンですがローンの内訳の金利分は手数料として(按分したのち)経費になります
    住宅ローン控除は事業利用分を差し引かなければなりませんが
    その分をいくらか充当できます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください