イラストレーターを目指すあなたに伝えておきたい7つの真実

イラストレーターを目指すアナタに伝えたいこと
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。

これからイラストレーターを目指すあなたに伝えたいメッセージをまとめました。

この記事を読むことでイラストレーターってどういう仕事なんだろう?という疑問や、実際にイラストレーターになった時「想像してたのと違う・・・」という勘違いがなくなります。

より現実的にイラストレーターという仕事を捉えることで夢が目標に変わります。

昔は下手っぴな絵を描いていたけど今ではフリーランスのイラストレーターになれた僕からのリアルなイラストレーター像が伝われば幸いです。

▼ちなみに10年前はこういう絵を描いてました。。▼

絵のプロが10年前に描いたイラストを3作品リメイクしたので解説してみますよ

 

①独学でもイラストレーターになれる!資格も不要!

美大や専門学校などに通って専門的な教育を受けないとイラストレーターになれないと思われがちですが、そんなことはありません!

実際に僕は普通高校→普通の大学(法学部)→イラストレーター目指し始める

という進路でここまできました。資格も普通自動車免許しか持ってませんw

絵に関しても基本的には自己流で独学。(デッサンは塾に通ってました。詳しくは漫画・イラストレーター生存戦略にて)

なので、必ずしも美術系の学校に行かないとなれないかと言われるとそういうわけではありません。

最近では無料でWEBで絵の描き方を学べる講座もたくさんありますしね。

とはいえ、もちろん学校で学べることもたくさんあると思います。

あくまでも、美術系学校に行ってなかったからってイラストレーターを目指せないのかと言ったらそれは違うよって話です。

 

イラストレーターのなりかたを実体験から徹底解説!進路は?資格は?給料は?

イラストレーターのなりかた!イラストレーターが実体験を描く漫画8選

 

 

②イラストレーターはフリーランスだけじゃない!

イラストレーターといえば会社に属さず独立したフリーランスの人、という認識。

これはまさに僕自身が新卒当時していた勘違いです。イラストレーター(絵を描く仕事)は大きく分けて3種類あります。

  1. フリーランス
  2. 会社員
  3. 副業

です。

まぁ確かに当時は今ほどイラストレーター職の求人は無かったんです。

スマホが普及する前でしたからね・・・。スマホ用ゲームアプリが流行ってから爆発的に求人数が増えた印象です。

なので現代は無理してリスクの高いフリーランスにならずとも正社員としてイラストレーター業務に携わることも可能です。

また、別業種に勤めていたとしても、イラストはネット副業との相性が良いので副業イラストレーターとして働く事だってできます。

詳しくは→イラストレーターには3種類ある!あなたの目指すイラストレーター像は?難易度別に紹介!

 

 

 

パラレルワークでイラストレーターの夢を叶えよう!複業イラストレーターという考え方

ソーシャルゲーム会社のイラスト・デザイン職の仕事について経験者が語ります

 

 

 

③イラストレーターの給料は低い!でも稼げないわけではない!

イラストレーター職は往々にして給与報酬が低めに設定されています。

初任給で15万~20万 / 月程度で昇給も多くは無いはず。営業職みたいにインセンティブがつくこともほぼ無い。

いちプレイヤーとしては低いですがディレクターなど管理職に就ければ30万~狙うことはできます。

でも絵を描く仕事ではなく、絵を描く人たちを管理する仕事がメインとなります。

フリーランスとなってもイラストカット1点辺りの単価はまちまちで、安いものだと数百円とかだったりします。

ゲーム系のがっつり描きこまれた美麗イラストで1枚3万円~10万円とか。

なのでイラストレーターは儲からないと言われます。

でも決して稼げないわけではない。なぜなら儲かる原則に合致したビジネスモデルだからです。

詳しくは→フリーランスイラストレーターは儲からない?実はそれは嘘!

 

 

イラストレーターは稼げるの?5000件以上仕事して分かった収入と仕事について解説

クリエイターは制作費の交渉をするべき?上げてもらいやすい交渉術!

 

 

④イラストレーターならコミュ障でもなれる!は間違い。。

イラストレーターって部屋でもくもくとイラストを描き続けてるだけでしょ?コミュニケーションに難ありでも問題ないでしょ!

と思われがちですが意外とそうでもないんです。

もちろん、もくもくと絵を描きつづけることもありますが、その他にも営業活動や打ち合わせなど大切な業務をこなす必要があります。

どこからともなく仕事が降ってくるわけではないので「自分はこういうテイストの絵が得意です!こういう実績があります!御社のこのプロジェクトに参加したい!」とアピールする営業が必須です。

会社員イラストレーターであれば、営業活動は不要になるのですが、打ち合わせは必要ですね。

何をどのように描くのか、仕様はどうなのか、納期はいつまでか、自分の制作範囲はどこまでか、など打ち合わせをした上で仕事に取り掛かるわけです。(もちろんフリーランスでも必須業務。加えて金額交渉なども入ります)

なのでコミュ障でも大丈夫なわけではないです。

 

イラストレーターはご縁が大切!人とのつながりで仕事を獲得する方法

フリーランスイラストレーターのビジネスライクな人間関係を構築する方法

 

 

⑤うまい絵が描ければ優秀!というわけではない!

フリーランスでも会社員でも、ムチャクチャ高い画力を求められる仕事って実はあまりないんです。

それよりも求められるのは

  • 似せたテイストで描けるスキル
  • 伝わる絵を描けるスキル

だったりします。

会社で働くのであれば、例えばゲーム内でのテイストを合わせてイラストを描くことを求められたりします。

同じテイスト・世界観・色味で描けて個性を消せるイラストレーターが優秀だったりします。(一定レベル以上の上手さは担保されていること前提)

また、フリーランスで求められるのは、クライアントが伝えたいと思っている情報をユーザーに伝えるための橋渡し的な絵を描けるスキルです。

クライアントの求める情報を伝達するための演出で下手に見えるよう描いたりすることもあります。

大切なのは伝えたいことが伝わる絵を描けるかってところですね。

詳しくは→イラストレーターに最も必要なスキルは画力の高さではなく伝える力!

 

 

現役イラストレーターが実践して効果があった絵が上達する方法12個を紹介!

イラストレーターはいろんな絵柄を描きわけた方がいいのか、ひとつの絵柄で貫き通した方が良いのか?

 

 

 

⑥フリーランスイラストレーターは自分で描いた絵を売るビジネスマンである

割と勘違いされがちなのが絵を描きまくってれば仕事に繋がるという幻想。

イラストレーターとして独立するのであればビジネススキルが不可欠なのです。

絵を描くことは商品開発。開発だけしていても経営は成り立ちません。

開発した商品を販売しなければお金にならないからです。

そのためには営業しなければなりませんし、営業するためにもマーケティング知識が無ければ厳しい。

なので、ただ絵を描くだけでは頓挫してしまいますね。

もし独立を考えているのであれば、そのへんも含め考えてみてくださいね。

ちなみに僕は、まさに何も知らずに独立して失敗して会社員になりましたw

詳しくは→新卒フリーランスイラストレーターとなった僕が失敗した理由と学んだ事から独立のヒントを考える

 

 

フリーランスイラストレーターになる前にした7つの準備!独立前にすべきこと

【保存版】イラストレーターが独立を考えたときに読む本まとめ【不安解消】

 

 

 

⑦イラストレーターは別にそんなに狭き門ではない。ちゃんと準備すればね。

資格も学歴も不要なのでイラストレーターと名乗ってしまえば既にイラストレーターになれちゃうんです。

問題は、それで稼ぐことができるのかということ。

しっかり稼ぐためには確かに工夫が必要です。

ただ、なんとなく選ばれし一握りの人間しか食っていけないような印象をもたれがちですが、実はそんなことないんですね。

仕事は割とたくさんありますし、仕事を探すサービスも結構充実しています。

マネタイズする方法を開拓することで広く収益をあげることも可能です。この辺詳しくは

あたりを読んでもらえるとヒントが見つかるはずです!

 

 

あなたもプロのイラストレーターに!簡単に絵で収入を得る方法

絵の仕事に繋げられる!実践していきたいイラストレーターの営業方法

 

 

 

あなたもきっとイラストレーターになれる!

  1. 独学でもイラストレーターになれる!資格も不要!
  2. イラストレーターはフリーランスだけじゃない!
  3. イラストレーターの給料は低い!でも稼げないわけではない!
  4. イラストレーターならコミュ障でもなれる!は間違い。。
  5. うまい絵が描ければ優秀!というわけではない!
  6. フリーランスイラストレーターは自分で描いた絵を売るビジネスマンである
  7. イラストレーターは別にそんなに狭き門ではない。ちゃんと準備すればね。

以上7つが僕からあなたに伝えたいことでした。

当サイトにはイラストレーターになる方法や、稼ぐ方法をたくさん紹介していますので是非参考にして頂けたら嬉しいです!

 

 

イラストレーターの夢をあきらめようかと思っているあなたへ

好きなことを発信して絵の仕事につなげる方法なんてあるの・・・?

 

 

The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
フリーランスのイラストレーター・アニメーター・漫画家。企画から参画できるクリエイター。妻と娘と犬を幸せにするために今日もがんばるパパであり、当サイトの編集長でもある。現役バスケットプレイヤーで筋トレ熱も再燃中!あと投資話も好き。お金大好き。
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク

イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください