イラストレーターのなりかたを実体験から徹底解説!進路は?資格は?給料は?

イラストレーターもなりかた
スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
当サイトの運営者。11年の会社員を経験した後フリーランスのイラストレーター・漫画家・アニメーターとなる。ポートフォリオサイトではこれまで制作したイラストや漫画、アニメーションを掲載。妻と娘とトイプードルを幸せにするため今日も頑張る!

イラストレーターになるには何が必要なのか?どうしたらイラストレーターになれるのか?

少し特殊な職種だけあって準備や進路がわかりづらいですよね?

そこで、イラストレーターとして入社して11年勤務し、現在フリーランスとして活動している僕がその疑問を解決すべく、この記事にイラストレーターになるための必要な情報をまとめたいと思います。

 

イラストレーターの種類

イラストレーターの種類

まず把握しておきたいのがイラストレーターには種類があるということ。具体的には

  • 副業イラストレーター
  • 会社員イラストレーター
  • フリーランスイラストレーター

です。

あなたがどういうイラストレーター像を描いているかで目指すべき方向性が変わってきます。

実は僕は大学生の時にイラストレーターを目指し始めたのですが、当時会社員(正社員)でイラストレーター職があるということを知らなかったため、大学卒業と同時に一度フリーランスとなりました。

しかし、これが超失敗でして。。(ふんだりけったりだった当時の思い出は漫画にして連載してますのでそちらをご覧下さい。)

なので、この3種類があるということは是非頭に入れておいてください。

フリーランスはリスクも高いし、誰も守ってくれません。最初に未経験で準備無しで目指すのは難易度高いです。

会社員として就職して仕事の仕方を学んでから独立しても遅くないのです。

また、現在まったく別業種に勤めていてイラストレーターに転向したい!と考えているのであれば副業から始めることもできます。

こちらの記事にイラスト技能を使った副業をすべてまとめてますので、合うものからチャレンジしてみて、いけそうなら転職を考えてみる、というやり方はいかがでしょうか?

他業種の仕事をしつつ、それと同等の収入をイラスト副業で得ているつぐりさんにご寄稿頂いた記事では複業(副業)イラストレーターについて詳しく書かれているので興味ありましたらご参考下さい。

 

後々解説しますが、イラストレーターは素晴らしい職業ですがお金になりにくい職業でもあります。

できるだけリスクを減らしてチャレンジしてみてください。

関連記事>>
イラストレーターには3種類ある!あなたの目指すイラストレーター像は?難易度別に紹介!
新卒フリーランスイラストレーターとなった僕が失敗した理由と学んだ事から独立のヒントを考える

 

 

イラストレーターの進路・学歴

それではイラストレーターになるために必要な学歴はどういったものか見ていきましょう。例えば…

イラストレーターの進路

こんな感じの王道進路。美術大学や美術系専門学校へ進学し、絵を描く仕事に就職、または早速独立する感じですね。早々に独立する人は、在学時から何かしらの仕事を請け負い、既にイラストレーターとして活動している人が多いです。

やっぱり美大とか出ないと厳しいよなぁ

と諦めないでください!実際にイラストレーターとして働いていた、僕の進路がコチラです。

イラストレーターカスダの進路

高校も大学も、美術系とは程遠い学校でした。

ただ、大学在学時から絵の勉強や練習はたくさんこなしてきました。デッサンに関しては独学がしんどかったので、デッサンスクール(月4回授業、5000円)に半年くらい通いました。その分、大学の勉強はかなりおざなりになりましたが。。(一応卒業はしましたよ!)

本人の努力次第では美術系の学校に通わなくともイラストレーターとして食べていけるようになるということです。

 

絵を描く会社員の職種

昨今は正社員でイラストレーター職の採用枠を持っている会社は多いです。

特にソーシャルゲーム関連は大量採用してたりします。絵描く仕事ができる職種は

  • イラストレーター
  • アニメーター
  • CGデザイナー
  • 2Dデザイナー
  • グラフィックデザイナー

などなど。求人検索でよく目にするかと思います。

ただ、〇〇デザイナーは絵だけでなく、デザイン業務などもおこなうことが多いです。イラストを描く仕事とデザインをする仕事は似て非なるものなのでよく確認しましょう。

 

会社に属するメリット

個人的にはフリーランスとしてやっていくつもりだったとしても一度会社に所属してみることをオススメします。そうすることで

  • イラストの効率的な制作方法
  • 各種ソフトの使い方
  • データ管理方法
  • ビジネスマナー
  • ビジネスメールの書き方
  • 作業の分担方法
  • データの受け渡し方

など絵を描くこと以外でも学べることは多々あります。

また、横のつながりや人脈など広げることもできます。

絶っっ対に会社なんかに属さないっ!!!!!

っていう人以外は、とりあえず就職してみてはいかがでしょうか?

絵を描く職種に就くには美大出身が有利?

でも美大出てる人の方が就職のとき有利そう。。

確かにそういう面はあるかもしれません。が、美術系の学校を卒業している人が絶対的に有利かといったらそういうわけではありません。

学歴よりもスキルが重要視される業界です。美術系の学校を出たからと言って必ずうまいとも限りませんし、その会社に合う合わないもあります。

どうしてもここに入りたい!という会社が見つかったら、まずはその会社を徹底的に研究して“合う”クリエイターになりましょう

 

イラストレーターの給料はどのくらい?

会社員イラストレーターはお世辞にも給料に恵まれている職種ではありません。

イラストレーター平均給料

給料バンクによると平均が15万円くらいみたいです。

ただ、個人的にはさすがにここまで低くはないだろうと思ってます。多分、フルタイムだけでなくパート・アルバイトなども含めてるんじゃないかなぁ。。

ちなみに僕の正社員での初任給は18万円 / 月でした。まぁ少ないですよね。

でも安心してください!稼ぎ方がわかれば、イラストレーターだとしてもバッチリ稼げるようになります。

僕の過去最高月収は130万円程でした。(会社員+副業)

やり方を学べばイラストレーターでもしっかり稼げることができます。

どうせなら好きな仕事をしてガッツリ稼ぎたいですよね?

当サイトには稼げるイラストレータになるためのノウハウが散りばめられています。

是非参考にしてみてください。

 

必要な資格

イラストレーターになるために必要な資格はありあません!

あなたが名乗り始めたらもうイラストレーターなのです。特に試験や資格はありません。僕は普通自動車免許くらいしか資格は持ってません。

一応、adobeソフトの熟練度なんかをはかる能力資格試験があるようです。あったらまぁ良いけど無くてもいいかなってイメージですね。それよりもイラストやデザインの完成度を重視されるので、そっちの修練に労力を割くべき!

 

アナログ?デジタル?

今の時代だと、イラストレーターにとってデジタル制作は必須項目です。アナログ作品を描く方でも、描いた絵をデジタル化できる程度の知識は必要です。

イラストレーターになりたかったらデジタルで描けないとつらいよって話

2017.04.18

会社員でもフリーランスでも、仕事の受発注はメールでのやり取りとなりますし、作品はデータ化してメールやデータ便でやりとりします。納品時の画像サイズや容量の調整、書き出しの形式についてなど知っておかないと仕事にならない最低限の知識は覚えましょう。

ソフトに関しては基本的にadobe製品を推奨します。イラストやデザインを生業とする企業では必ずと言っていいほど導入されています。

イラストレーターであればadobeの Illustrator、photoshopあたりはある程度使えるようにしておくと間違いありません。

 

憧れの在宅フリーランスイラストレーター

いわゆるイラストレーターというと在宅で独立して仕事をしているイメージがあるかと思います。

そして、それが最も難易度の高いイラストレーターであるということは冒頭で少し触れました。

しかし、最も自由度が高く、青天井の稼ぎ方ができるのもフリーランスです。

我こそは!というあなたは是非チャレンジしてください!

ただ、口を酸っぱくして僕が伝えたいのは会社勤務経験はしておいたほうがいいということですね。

さらに独立となると色々準備も必要です。実際に僕が独立する前にしておいた準備について、更に独立後にした各種手続きなどについては下記記事にまとめましたので一度ご覧いただけますと参考になるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はイラストレーターのなりかたを僕個人の実体験を踏まえたうえで解説しました。

進路で悩んでいる方の助けになれば幸いです。

 

The following two tabs change content below.
カスダタツヤ
当サイトの運営者。11年の会社員を経験した後フリーランスのイラストレーター・漫画家・アニメーターとなる。ポートフォリオサイトではこれまで制作したイラストや漫画、アニメーションを掲載。妻と娘とトイプードルを幸せにするため今日も頑張る!
▼こんな記事もよく読まれてます▼ スポンサードリンク


イラストレーター記事寄稿バナー
イラストレーター記事寄稿バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です